四万十市地域おこし協力隊四万十市地域おこし協力隊

現在2名募集中(応募受付12月28日まで)

四万十市は、高知県の西南部に位置し、
平成17年4月10日に中村市と西土佐村が合併して誕生しました。

本市は、日本最後の清流四万十川の中流域から太平洋に至るまで、
豊かな自然環境と文化に恵まれた地域です。

一方課題としては、全国の中山間地域と同様、人口流出、高齢化等に伴う様々な問題があります。
とりわけ、地域の将来を担う後継者・人材が不足しています。
 ついては、地域外から地域の将来を担う人材を受け入れ、
本市の中山間地域での地域活動の協力者として地域おこし協力隊の隊員を募集します。

四万十市地域おこし協力隊の隊員紹介はこちら

現在四万十市では、中村地域2名、西土佐地域6名の地域おこし協力隊が活躍しています。 隊員個人の関連リンクも記載されていますのでぜひご覧ください。