四万十市地域おこし協力隊四万十市地域おこし協力隊

現在2名の隊員を募集中!

※応募締め切り令和元年8月26日(月)必着

四万十市は、高知県の西南部に位置し、
平成17年4月10日に中村市と西土佐村が合併して誕生しました。

本市は、日本最後の清流四万十川の中流域から太平洋に至るまで、
豊かな自然環境と文化に恵まれた地域です。

一方課題としては、全国の中山間地域と同様、人口流出、高齢化等に伴う様々な問題があります。
とりわけ、地域の将来を担う後継者・人材が不足しています。


ついては、地域外から地域の将来を担う人材を受け入れ、
本市の中山間地域での地域活動の協力者として
地域おこし協力隊の隊員を募集します。

<卒業隊員のブログ>

【お世話になりました!&これからもよろしくお願いします。

黒尊川流域担当の高濱です。 一昨年の8月にやってきて、早2年。この7月末で退任します。 年度途中でご迷惑をおかけしますが、私にとってはちょうど2年という区切りであり、今後も西土佐で暮らしていくための決断です。

後川地域の元気印

後川・大川筋地域担当の大寺です。 今回は、後川地域の元気印を紹介します! 後川地区出身で、高校卒業後は長野県で就学、その後は兵庫県や神奈川県で お仕事をされて退職を機に四万十市へ帰って来られた野村さんです。

お世話になりました。

富山地区担当の原田です。 ついに今月いっぱいで協力隊を卒業することとなりました。 3年前のこの時期、とんころとんころ関東から僅かな荷物を積んだ軽自動車で、ペットのカメと一緒に四万十入りしたのが昨日のことのように思い出されます。 到着した翌日、カメが逃げ出してご近所中が心配して探してくれたことをいまだに笑い話にされています。

<現役隊員のブログ>

目黒川流域在住の岡林隊員強烈ブログ!※閲覧注意

年末に銃猟グループの解体所で体験・見学をしてきました。 今回の得物はオスの猪。何度も罠にかかっており若いとのこと。